案内

身体表現性障害に悩んでいる人は多い|治療のススメ

心理的要因による疾患

笑顔の男性

身体表現性障害とは痛みや吐き気、痺れなどが身体的に異常がないにも関わらずに現れる病気です。主な原因、症状悪化の要因はストレスと考えられています。精神科での治療法が薬物療法、認知行動療法、精神療法が基本となります。症状が軽度の場合には、考え過ぎずに普段通りの生活を送ることが治療となります。

詳細を読む

精神的障害の一つです

女性看護師

身体表現性障害の特徴は、病院での検査で異常が見つからないにもかかわらず、疼痛などの身体的な症状や、うつなどの精神的な症状が出ることです。身体表現性障害を改善するには投薬治療だけでなく、定期的に心療内科や精神科でカウンセリングの治療を受けて、患者自身が症状をコントロールできるようにする必要があります。

詳細を読む

日本にも専門医が必要です

ナース

その症状は病気でした

日本では身体表現性障害に対しての治療や診断を行なう精神科や心療内科の病院は少ないもので、患者の中では見つからずに悩む人も多く存在しています。最近増えてきている傾向のあるその病気は、日本で診察を行なっているところでは多くの患者がやってくると予測されます。実は昔から多くの人が悩んでいた精神的な障害でもあるのですが、昔は個人的な問題や生活の幼さから現れたりするものと思われていたり、人間性や家庭環境の教育の低さから出てくる性格だと考えられ、その悪いところを治そうとしないで甘やかされた存在ということで片付けられていたこともありました。しかし病気にかかっている本人は症状をコントロールすることができなくて、ヒステリーや不安症状から逃れられない苦しみに耐えなければならない時間と日を過ごしていくわけです。それを病気だと分からずに甘やかされているといわれることでさらに自分を追い込んでしまうこともあったのです。しかしドイツでは身体表現性障害が精神障害だと研究でわかり、その研究が今でも進まれています。海外でも身体表現性障害をわずらう人は多く、病院でもさまざまな症状を抱えた患者が診察にやってきます。日本でも身体表現性障害を抱えた患者は意外と多く存在しているといわれています。そのため病院で診察をすることができる医師が存在する病院は、多くの人が利用するようになることでしょうからその診察をすることができる精神科医や心療内科医を増やしていくことが必要といわれています。

さまざまな症状の特徴

身体表現性障害とは、もともと悲観的な考えや自尊心の低い考えを持つ人がなりやすいといわれています。そしてなかなか自分がどのように辛いのか言葉で表すことが苦手な人がストレスを溜め込んで心身的に症状があらわれてくることがあるといわれています。たとえば何度も転勤するたびに引越しをして精神的に安定できなかったり、介護などの疲れを周囲に理解されなかったり、職場での過度な残業から疲れが溜まってしまったりするなど、その疲れやストレスを本人は認識できずに徐々に溜め込んでしまうようになります。人によってはストレスや疲れを感じることに麻痺してしまっている状態となっていることもあります。身体表現性障害ではその症状もさまざまで、鎮痛剤や精神安定剤に依存する疼痛性障害、身体は正常なのに腕や皮膚などに痛みや違和感を持つ転換性障害、いろんな身体症状が長年にわたって持続して現れてくる身体化障害、医学的に問題ないと診断されていても自分自身が何か疾患になっているのではと常に不安が付きまとう心気症、肌や胸部などの欠陥に強くとらわれてしまう身体醜形障害などがあります。なかでも身体醜形障害は女性に多く見られる症状でもあり、胸が小さいことに辛く感じてしまったり皮膚がほかの人よりも黒っぽくあることを悲観的に考えたりするなど、見た目の感じ方に強くとらわれてしまう場合が多くあります。海外では身体表現障害についての研究が進められており、医療でも取り入れ病院で治療をしたり診察したりするところも増えています。

その病気の原因と治療

先生

身体表現性障害は本人の性格やそこにいる環境によって引き起こされることが多くあり、常に不安に感じたり気にしたりすることで発症してしまいます。そのため一人一人がどのようなタイプなのかを医師が判断し、一人一人に合った治療法で治していくことが重要となります。

詳細を読む