医者と看護師

身体表現性障害に悩んでいる人は多い|治療のススメ

その病気の原因と治療

先生

性格と環境からなる病気

身体表現性障害となってしまった人から起こる症状の特徴とはどのようなものかといいますと、心身の些細な不調に対して過敏になってしまったり、その不調に著しくとらわれるようになってしまったり、どこに診てもらっても身体の異常が診られないにもかかわらず病気になってしまうことをいつでも恐怖と感じていたり、それらのことを医師や周囲人にと執拗に訴えたりし、その表現の仕方はヒステリーとなったり誰かに「どうしよう」と嘆いていたり常にそればかりのことを気にしていたりするなどのような行為を起こしたりします。身体表現性障害を引き起こしてしまう原因となるものは、多くは環境から与えられたものから発症することがあり、親や恋人など何者かに依存していたり何か物事に固執していたり、子供のころに病気か何かで通院を続けていたり入院した経験があったりする人、または家族の誰かを長い期間看病や介護していた人もなりやすいといわれていたりします。そのほか完璧主義の人や頑固な人、何かと気にしすぎる人、敏感な人などもなりやすいそうです。自分がなってしまった病気や怪我によって、そして手術したことによって自分の身体に対して強く気にするようになってしまうことで身体表現性障害を引き起こしたりすることもありますし、普段の生活から起こってしまった心身の疲労や家庭内で困難に陥ってしまったときなどでも引き金となってしまうことがあるようで、身体表現性障害は性格やその場の環境が絡み合っていると考えられて良い病気といわれているのです。

その治療法と発症の確率

身体表現性障害を引き起こした人の中にはヒステリーを起こす人もいます。むかしはヒステリーと身体表現性障害は別のものと考えられていたこともあり、身体表現性障害は男性特有のもの、そしてヒステリーは女性特有のものと思われていました。しかしどちらも男女問わずなる可能性が十分になるもので、アメリカの研究の統計からによると身体表現性障害にかかってしまっている人の割合は2パーセントから7パーセントといわれています。主に20代から30代の若者になる人が多いといわれているのですが50代でもなってしまう人がいまして、もし50台からの年齢で身体表現性障害にかかってしまった人の場合はうつ病も発症しているケースもあり、診断してもらってわかることもあります。身体表現性障害の場合、治療法は心理的なものから発症していることが多いため患者の一人ひとりがどのようなタイプでそのような考え方をもって病気となってしまっているのか医師が判断する必要があります。しかし患者の多くは「早く病気を治してほしい」という気持ちが強くあることから薬を求めたりすることがあり、患者の言うとおりに処方するわけにはいかないこともあるため時間をかけながらその人に合った治療法を見つけて治していくことが重要となっていきます。そして来る師が必要と判断されれば、多くの人に処方されるものでは抗不安薬というものがありそれを与えられることで不安の感情を抑えることができるようになります。そのように治療法も慎重になって行なうようになります。